会員登録はこちら
\メリットたくさん!今すぐ登録/ 無料会員登録
会員の方はこちら

新築住宅の住宅ローンの種類は?

新築住宅を建てる際に、ほとんどの方が利用する住宅ローン。

「建物の仕様がある程度決まって、総額がわかってから検討すればいいかな?」と思う方もいると思います。 しかし、住宅ローンは借り方しだいで返済額が大幅に変わってくるもの。どこでどのように借りるのが我が家にはいいのか、早めに理解しておきましょう。

住宅ローンの種類

(民間融資)

民間融資は、銀行や信用金庫などの住宅ローンのことです。

金融機関によって、金利や審査基準、借入限度額などさまざまなので、ご自身に合った商品を探しましょう。インターネットで手続きすることによって金利が安くなる商品もあります。不動産会社やハウスメーカーによっては、金融機関と提携している「提携ローン」が使える場合も。建物に関しては審査が終わっているので、比較的スムーズに借入できるのが特徴です。

(公的融資)

公的融資とは、公的機関や自治体で融資を受ける住宅ローンのことです。

「財形住宅融資・自治体融資」などがあります。

・財形住宅融資:勤め先で財形貯蓄を1年以上かつ50万円以上の残高があることが条件。
・自治体融資:都道府県や市町村から受ける融資。自治体によって条件は変わってきますが、現在はほとんど行われていません。もし勤務先で財形貯蓄をされている場合は、どのような条件でローンを借りられるか確認してみましょう。

(協調融資)

協調融資とは、いくつかの金融機関が協力して融資をするローンのこと。よく知られているのが、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した「フラット35」で、複数の金融機関の窓口で提供されています。

フラット35は、全期間固定金利で返済計画を立てやすいのがメリット。

金利上昇リスクの一部を住宅金融支援機構が負うことで、一般的なローンでは難しい長期の固定金利を叶えています。また審査が比較的通りやすいので、勤務実績の短い方や自営業など、他のローンがなかなか下りない方にもおすすめです。団体信用生命保険が任意なので、健康状態に問題がある方も検討しやすいでしょう。

住宅ローンの返済方法の種類

住宅ローンの返済方法は、「元利均等返済・元金均等返済」の2つの方法があります。

  • 元利均等返済

元利均等返済は、毎月の支払いが一定になる支払い方法です。「利息+元金」を均等に割って、支払額を決めます。メリットは長期の資金計画が立てやすいこと。デメリットは初期の支払いで利息の割合が高く、元金が減りにくい点です。

(メリット)…毎回の返済額が一定なので計画が立てやすい

(デメリット)…総返済額は元金均等返済より多くなる

  • 元金均等返済

元金均等返済は、元金の金額が一定になるような支払い方法です。

当初の支払い金額が最も高く、徐々に返済額が減っていきます。そのため現役のうちに多く支払いたい方には向いていますが、ローン返済と教育費の負担が大きい時期がかぶってしまうことも多いです。

(メリット)…総返済額が元利均等返済より少なくなる

(デメリット)…当初の返済額が多い

住宅ローン金利の種類

住宅ローンの金利にも種類があります。最後まで金利が一定の「固定金利型」と、途中で金利が変動する「変動金利型」、一定期間を固定金利とする「固定期間選択型」の3種類です。それぞれの特徴についてご紹介します。

  • 固定金利型

固定金利型は、返済期間の最後まで一定の金利が約束されたタイプ。

市場金利が上がっても下がっても返済額が変わらないので、安定した返済プランを立てたい方におすすめです。しかし変動金利型に比べると金利が高くなる傾向があるため、同じ金額を借りていても月々の支払いは高くなることが多いでしょう。

  • 変動金利型

変動金利型は、市場金利の動きによって金利が変わるタイプ。

金利は半年ごと、返済額は5年ごとに見直されます。固定金利型に比べて金利は低く設定されるので、月々の支払いは安くなるでしょう。しかし市場金利によって金利が変わるため、将来的に金利が上がるリスクがあります。資金にある程度余裕があり、金利上昇時のリスクに対応できる方におすすめです。ただし返済額が上がるのは1.25倍までと上限があるので、それ以上に急上昇することはありません。

  • 固定期間選択型

固定期間金利選択型は、2年・5年・10年など定めた期間、金利を固定するタイプ。

固定期間が終わった時点で、変動金利に移行するか、再び固定金利にするかを選択します。全期間固定金利型よりも金利が低いので、安定した返済プランを立てながら、将来に備えることができます。

まとめ

住宅購入額が同じでも、融資先・返済方法・金利のタイプなどが違ってくると、支払いの総額が変わってきます。ご家庭の貯蓄額や、その時点での景気などによって、ベストな選択はさまざま。しっかりと住宅ローンについて理解し、話し合うことでご家族にあった借り方を選びましょう。

\こちらのコンテンツもおすすめ/

建築実例
会員登録
会員の方はこちら