会員登録はこちら
\メリットたくさん!今すぐ登録/ 無料会員登録
会員の方はこちら

新築住宅を建てるときの支払いスケジュール

新築住宅を建てるときには、土地の購入・住宅の建築にそれぞれ費用を支払わなければなりません。いつ・どんな支払いがあるのか、大まかにでも把握していると安心できますよね。今回は新築住宅を建てる際に必要な費用と支払いのスケジュールをお伝えします。

土地購入費用の支払いスケジュール

土地代の支払いは①売買契約時と②土地の引渡し前の2回に分けて行うのが一般的です。

  • 売買契約時

土地の売買契約を交わす際に、手付金を支払う必要があります。簡単に言うと、購入契約を担保するための予約金のようなものです。

売買契約手付金

売買契約手付金の目安は、土地の購入代金の5~10%程度。例えば土地の価格が1,000万円の場合、手付金は50~100万円が目安となります。ただし、土地の売主によって変動する可能性があるので、詳しくは不動産会社に確認してみてくださいね。

仲介手数料の半金

また不動産会社を通して購入する場合は、契約時に仲介手数料の半金の支払いも必要です。不動産会社が直接の売主になっている場合や不動産会社を介さずに土地を購入する場合は、仲介手数料は発生しません。

  • 土地の引渡し前

残りの土地代は、土地の引渡し前に支払います。そのとき合わせて仲介手数料の残金や、登記などの諸費用を支払うことになります。

・購入代金の残代金

土地の価格-手付金や支払い済みの仲介手数料など-住宅ローン借入額

・土地の購入諸費用

土地と家を総額した6~10%程度

印紙税や登記費用、司法書士報酬などの諸費用が必要です。土地の形状や工事のスケジュール、住宅ローンの借り方によって増減します。

新築住宅建設費用の支払いスケジュール

建物の建築費用は一括では支払わず、着工金・上等金・竣工金を3回に分けて支払うのが一般的です。

場合によってはこの他に、着工前の工事契約金(工事費用の1割程度)や、現場調査費用(約10万円)が必要となることもあります。

  • 着工

工事を始める段階で、着工金として工事費用の約3割程度を支払います。これとは別に地鎮祭の費用が必要になることもあるので工務店にご確認してください

  • 引渡し前

建物が完成して引き渡しがおこなわれる際に、建築費の残代金を意味する竣工金を支払います。工事費用の約3割程度が目安です。この他、新築住宅の登記費用、登記に伴う印紙税や司法書士報酬金も必要となります。

新築住宅の支払いスケジュールの注意点

土地を購入し家を建てる場合は、手続きやお金を支払うタイミングが多いです。

いつまでに・どんな費用を用意すれば良いのか、スケジュールを把握することが大切です。

その他の費用も必要に!

新築住宅を購入するときには、土地・建物以外にもさまざまな費用が必要となります。

住宅ローンの申し込み時:申込書類費用、証明書費用など
引っ越し時:引っ越し費用や家具購入費など
引っ越し後:不動産取得税 

また入居したら終わりではなく、住みはじめてからもさまざまな費用がかかります。例えば住宅ローンの返済や固定資産税などの税金、定期的なメンテナンス費用も必要です。毎月少しずつ貯金をして準備しましょう。

つなぎ融資の確認を!

土地代や建築費用は数回に分けて支払います。しかし住宅ローンが実行されて口座に振り込まれるのは、建物が完成して保存登記されるタイミングです。

建物が完成するまでにかかる着工金や上棟金などの費用は、原則として自己資金で立て替えなければなりません。新築住宅にかかる費用の6~7割を、一時的とはいえ自己資金で立て替えるのは難しい方も多いですよね。

そんな方は住宅ローン実行までの必要となる着工金や中間金を一時的に融資してもらえる「つなぎ融資」を活用してはいかがでしょうか?

※つなぎ融資とは?

・一時的に立て替えて、住宅ローンの融資金で完済する
・住宅ローンの審査が完了し、金融機関により完成後の融資の内諾を得ていることが条件
・各支払い時期に合わせて借り入れ可能

ただしつなぎ融資は、一般的な住宅ローンに比べて金利は割高に。つなぎ融資以外に「分割融資」などの方法もあるので、どのように着工金や中間金をまかなうのか検討しておきましょう。

まとめ

土地を買って新築住宅を建てる場合、お金を支払うタイミングが多いのでスケジュールの把握が必要です。どんな費用がどのタイミングで支払うのかを理解できれば、安心して家づくりができますね。

\こちらのコンテンツもおすすめ/

建築実例
会員登録
会員の方はこちら