会員登録はこちら
\メリットたくさん!今すぐ登録/ 無料会員登録
会員の方はこちら

新築住宅を考える際に予算はどう考えればいいの?

  • まずは、資金計画から!

初めてお家作りをする際にまず何から手をつければいいのか分からない…そんな方は多いと思います。土地から?建物から?色々考えるべきことはありますが、まずは資金計画!ここが大事になります。例えば、普段買い物をする際でもあらかじめ予算を決めて「この予算内で買おう」と計画して買い物に行く方がほとんどだと思います。

住宅でも「総予算」土地と建物と諸経費について、自分がいくらまでお家にかけられるかな?というところを考えていきましょう。

  • 資金計画はどう計算するの?

まず、当社でもよくお客様に「月々のお支払い額をどのくらいに設定しましょうか。」とお伺いするのですが、賃貸に住まわれている方だと「今の家賃くらいで。」と設定される方が多いです。仮に家賃が6万円とすると、月々6万円毎月支払って住宅を手に入れたいという1つの基準ができます。

次に返済期間、金利を考えます。月々お支払い額と返済期間と金利、この条件が揃うことによって借入額が逆算で算出されるので自分たちが無理なく支払える額だといくらの土地を探せばいいのか?建物にどれだけお金をかけられるのか?が把握できると分かりやすいですね!

広い家がいいな。建物はおしゃれなものがいいな。と思われるかもしれませんが、果たしてそれがお客様にとって希望の予算で建てられる土地、建物なのか?まず、お金について固めていくことがお家作りにおいて非常に重要になってきます。

借入額の計算については、弊社では住宅業界10年以上のスタッフがきちんと算出いたしますし、最近では各銀行さんのHPにも返済シミュレーションができるようになっているので、気になった方はチェックしてみてくださいね。

ただ、お金の面だけでなくこの土地がいいなどの希望もあると思うので、ご家族としっかり話し合ってお家作りの第一歩を始めていただければと思います。

  • 総予算は大きく分けて内訳は4つ!

建物建築費・土地購入費・オプション費・その他費用

建物建築費、土地購入費については皆さんイメージがつくと思いますが、オプション費とは?

例えば太陽光を取り付けたり、キッチンのグレードをアップするなどお金をかけたいなという部分についてはオプション費に当てはまってきます。

その他費用とは?

建物建築費、土地購入費、オプション費については目に見えてこういうものだと分かることができますが、その他費用について一例をあげると火災保険や登記、税金など目に見えない金額がその他費用に分類されます。よく建売住宅のチラシに総額いくらで販売中!と書かれているものを皆さんも見たことがあるかと思いますが、建売住宅の金額で家を建てられるかと言ったら実際はそうではありません。先ほど、記載したその他費用がかかってきます。

その他費用がいくらかかってくるのかをしっかり確認しないと総予算の計画が崩れてしまうということになりますので、こういう費用がかかると理解しておくことがお家作りにおいて大事なポイントです!また、その他費用の中身は本当に細かく色々ありますので、きちんと不動産会社さんや建築会社さんに行って確認することをおすすめします。

最後に、ある程度の総予算を自分たちで把握しているだけで、ちょっとネットで不動産会社さんを調べたりする際に自分たちの予算で建てられそうなところをピックアップする手段になったり、基準があると探しやすいと思いますので、今後のお家作りの参考にしていただければ幸いです。

まとめ

・総予算を決めてから計画を始める!

・無理なく支払える金額を決める!

・目に見えないその他費用をきちんと確認する!

\こちらのコンテンツもおすすめ/

建築実例
会員登録
会員の方はこちら