会員登録はこちら
\メリットたくさん!今すぐ登録/ 無料会員登録
会員の方はこちら

新築住宅や土地を買うなら前面道路にも注意!~接道義務と幅員と方位~

新築住宅や土地を買うとき、前面道路はとても大切なポイントです。

でも「道路ってなにに気をつけたらいいの?」「どんな道に接した住宅が自分に合うのだろう」と悩みますよね。そこで今回は住宅と前面道路に関するルール、また道路の幅員や方位による違いやメリット・デメリットをお伝えします。ぜひお役立てください。

住宅と前面道路に関するルール

住宅と前面道路の間には、意外と知られていないいくつかのルールがあります。どんなルールがあるのかチェックしていきましょう。

接道義務

接道義務というルールがあり、建物の敷地は「建築基準法上の道路(幅員4m以上の道路)に2m以上接する」ように定められています。

これは市民の安全を守るためのルールです。道路がないところに建物が立ち並ぶのを防ぐことで人々が快適に過ごせるだけでなく、火事や事故のとき消防車や救急車が素早く到着でき、避難がスムーズになります。

セットバック

土地を探していると「要セットバック」という注意書きを見かけることがあるかもしれません。

セットバックとは土地が接する道路の幅が4m未満のとき、道路との境界線を一定の距離後退させること。昔の基準でできた道路は4m未満の狭いものもありますが、新しく建てるには敷地を後退させ道を広くする必要があるのです。

セットバックは拒否することはできず、セットバックした土地は道路となるので駐車場にしたり花だんを作ったりすることはできません。

前面道路の幅員ごとの特徴

前面道路の幅員ごとの特徴を見ていきます。どんな前面道路の住宅が自分に合いそうか、想像しながらご覧ください。

4m道路

4m道路は車一台が通れる幅で、メリットは交通量が少ないので静かな傾向、金額が低めといった点です。その為に小さなお子様の通学には安心でしょう。

デメリットは車のすれ違いや駐車がむずかしい、引っ越しや工事のとき大型車が入りにくい、道路斜線制限(建物の高さが制限されること)を受ける可能性があるなどが挙げられます。静かな環境が好きな方におすすめですが、車の運転が苦手な方にはストレスがあるかもしれません。実際に現地に確認することをお勧めします。

6m道路

6m道路は車がすれ違える幅で、メリットは、車のすれ違いや駐車がスムーズ、方角にもよりますが日当たりに有利な点、土地としての人気も出るため資産価値が高くなる傾向などの点です。

デメリットは交通量と車の騒音や振動が狭い道路よりは増える、金額が高くなることが挙げられます。

6mの幅があると車がすれ違えて安心ですが、交通量の増加が心配です。通勤時間や平日・土日と日時を変えて、様子を見に行くとよいでしょう。

8m道路

8m幅の道路は広々として主要な道路にもなりやすいです。メリットは道路を挟んだ家と離れるので気を使わない、方角にもよりますが日当たりがよい土地が多い、広々とした開放感などが挙げられます。

デメリットはさらに交通量が増える、車の騒音や振動、通行人が増えると視線が気になるといったことです。

大きな道に面する家は友達が来るときも説明しやすく、利便性もよいでしょう。ただ交通量によっては車で出入りや駐車するたびに、通行中の他の車を待たせることがあるかもしれません。こちらも一度現地の雰囲気を見るのがおすすめです。

前面道路の方位ごとの特徴

前面道路は南にあるのがいいイメージですよね。しかしどの方位にもメリット・デメリットはありますのでバランスが大切です。いい住宅を見つけるための前面道路の方位ごとの特徴をまとめました。

南側道路

やはり家の南側に道路があると日当たりを確保しやすいです。土地としての人気もあるため他の方位に比べ価格は上がりますが、資産価値やステイタスにもつながります。

気をつけたいのは、長時間過ごすリビングと道路との関係。リビングを日当たりのよい南側にもってくることが多いですが、リビングと道路との距離が近くなります。車の騒音や道路からの視線に注意です。

また駐車場が道路に近い南側だと、リビングから車しか見えないという場合もあります。目隠しや植物を置くなど対策を考えましょう。

北側道路

北側道路の住宅は日当たりが悪くなりやすいのがネック。しかし北側に玄関を配置し、道路と反対の南側にリビングや庭などのプライベート空間をもってこられます。道路からの視線や車の通行が気になりません。

価格も南側より抑えられるので、その分家の設備やインテリアなどにお金をかけることができます。

西側道路

西側道路の住宅のメリットは南側に多くの部屋をもってきやすいことです。環境によっては朝日は入りにくいですが、西側の空間が空いていると日中の日差しが入りやすく冬は温かみを感じます。

道路側に窓がある場合は西日に注意しましょう。

東側道路

西側道路と同じく南側に居室を設計しやすいのがメリットです。朝日は入りやすいですが、近くに家がある場合は午後の日当たりは悪くなってしまいます。

東側からの光をたくさん取り込みたい、東側道路からの騒音や視線を防ぎたい、このバランスがとれた設計が必要になるでしょう。

まとめ

住宅や土地を選ぶとき、家の性能やデザイン、土地の広さや駅からの近さに気を取られますが、実は前面道路も住み心地を左右する大切なものです。不安な点は一人で悩まず、工務店やハウスメーカー、不動産業者などプロからのアドバイスもぜひ参考にしてください。


\こちらのコンテンツもおすすめ/

建築実例
会員登録
会員の方はこちら