会員登録はこちら
\メリットたくさん!今すぐ登録/ 無料会員登録
会員の方はこちら

新築住宅の外構工事とは??失敗しないポイント

新築住宅の建物の計画が決まったあとは、外構工事の計画をたてはじめる方が多いのではないでしょうか?
今回は外構工事はどんなものなのかということや失敗しないポイントについてお伝えしていきます。

新築住宅の外構工事とは?

外構工事とは、家の外側の工事のことです。駐車場やカーポート、門まわりや庭、ウッドデッキなどさまざまな工事があります。

建物やインテリアに比べ、重きをおかれてない印象の外構工事。住宅メーカーにそのまま発注することもできますが、外構の専門業者に頼むこともできます。

外構工事は建物本体の工事に含まれているというイメージを持たれている方が多いと思いますが、実は別工事となり費用も別でかかりますので注意が必要です。

(ウッドデッキ・テラス)

子どもの遊び場として、家族の憩いの場所として、また洗濯物や布団を干すスペースとしても大活躍のウッドデッキ。柵やステップなどのオプションもあるので必要な場合は検討してみてください。

(フェンス・塀)

建物を囲うフェンスや壁。素材や形状によって、家の印象や費用も大きく変わります。

隣家や前面道路からの侵入対策や目隠しのために設けますが、あえてフェンスのないオープン外構にして予算を抑えるという方法もあります。オープンにする場合も、リビングの窓の前には木を植えるなど、部分的な目隠しを考えると良いでしょう。

(アプローチ)

アプローチとは、家の前の道路から玄関までをつなぐ道のこと。歩きやすい素材を選び、雨で濡れても滑りにくい加工を施すことで、安心して使うことができます。

機能的で安価なコンクリート舗装や、掃除のしやすいタイル、石やレンガを敷くなどさまざまな方法があります。

使う素材により滑りやすさや耐久性、雰囲気などが変わってくるので、メリットデメリットを知ったうえで選んでいきたいですね。

(駐車・駐輪スペース)

駐車場が地面むき出しだと、車や建物を泥はねで汚してしまいます。手入れがしやすく強度も高いコンクリート敷きが人気です。

費用を安く済ませたいなら、車のタイヤが乗る部分だけコンクリートを敷くという方法も。他のスペースには砕石や粒の大きい砂利を敷き詰めることで、コンクリートを使う面積を少なくし費用を抑えられます。

駐車・駐輪スペースに屋根つきのカーポートをとりつけておくと、雨の日の車の乗り降りや荷物の出し入れに便利です。

(植栽)

シンボルツリーなどを植えると、景観が良くなるだけでなく、隣家や道路から室内を見えにくくしたり、夏場の日差しを調整することもできます。

目的が目隠しであれば、1年を通して葉がついている常葉樹(オリーブやシマトネリコなど)を。

四季折々の風景を楽しみたいなら、季節によって紅葉を楽しめる落葉樹(モミジなど)を植えるのも良いかもしれません。ただし落葉樹は落ち葉掃除が必要なので、手間も考えて選びましょう。

ここで外構とエクステリアの違いについてちょこっと説明!

エクステリアは、外構と同じ意味で使われることも多いのですが、外構が構造物のことを指すのに対し、エクステリアは構造物を含めた「外まわりの空間全体」を指します。
エクステリアと対象的な言葉として、「インテリア」があります。インテリアをかたちづくるのは、床・壁・天井の素材やカラーだけではありません。そこに置く家具や調度品、照明とその光など、さまざまな要素がインテリアを構成しています。
エクステリアも同様に、庭の木々や玄関に至るまでのアプローチのデザイン、車庫スペースなども含めたより広い室外空間全体と捉えることができます。

失敗しない新築住宅の外構工事のポイント

外構工事は、あとから費用を知ってびっくり!など想定外の失敗もつきもの。ここからは、失敗しないための外構工事のポイントをお伝えしていきたいと思います。

ポイント①早めに計画!

家の中のことばかりに気を向けすぎて、外構工事にまわす費用が少なくなってしまったり、予算が少ないがために理想の外構にすることができなかったり。家を建てる住宅メーカーに依頼する場合も、専門の業者に依頼する場合も早めに計画し、建物の設計段階から外構計画も立てておくのがおすすめです。

建物と外構を合わせて考えていくことで中と外のつながりを見据えたつくりにできるので、暮らしやすさが格段に違ってきます。

ポイント②予算を知る!

住宅メーカーが組んでいる予算は最低限の工事ができる金額なので、外構にこだわりたいなら自分の希望する外構にどれだけ費用がかかるか知っておくことも必要です。

せっかく新築住宅を建てるなら外構も全て納得のいくものがつくりたいですよね。そのための下調べや他会社との比較も必要かもしれません。

ポイント③メンテナンス性も考える!

庭に生えてくる雑草を抜いたり、芝生の手入れをしたり。メンテナンスを楽しめる方なら水やりなどのお手入れの時間も楽しめますよね。しかし、共働きや子育て世代など忙しくて時間がない方は、最低限のお手入れをしておけばきれいに見える庭を計画しておきましょう。

まとめ

今回は、外構工事を失敗しないためのポイントをお伝えしました。
建物とともに家の印象を決める外構。外構にもこだわりを詰め込めるように、早めに計画を立てていきましょう。

\こちらのコンテンツもおすすめ

建築実例
会員登録
会員の方はこちら