会員登録はこちら
\メリットたくさん!今すぐ登録/ 無料会員登録
会員の方はこちら

新築住宅を購入するとき手付金はいくら必要?

新築住宅の購入には住宅はもちろん、頭金や手付金など色々とお金がかかります。それぞれ支払うタイミングや相場は気になりますよね。この記事では手付金について解説します。混乱しがちな申込金や頭金との違いもお伝えします。

新築住宅購入時の手付金とは?

手付金とは、住宅購入時の「キャンセル料」のようなもの。買主が売主に現金で支払うことがほとんどです。

(手付金を支払うタイミング)

手付金を支払うタイミングは、多くの場合は売買契約する当日です。基本的に住宅ローンから捻出はできず、現金か銀行振り込みになります。

(手付金を支払う理由)

手付金を払う理由は2つあります。

①売買契約成立の証拠金になる
売買契約から住宅ローンの本審査の可否まで時間がかかります。手付金は売買契約のときに購入代金の一部を先払いするので、契約の成立を確かにする証拠金となります。

②キャンセルや契約違反時の違約金になる
手付金はキャンセルや契約違反時の違約金の代わりになります。買主が契約後に一方的に契約のキャンセルをする場合は、手付金を解約料として放棄すれば、売買契約は解除できます。売主が一方的に契約の解除を申し出たり、契約違反が発生した場合は手付金は買主に返金し、さらに手付金と同額を違約金として支払う必要があります。

手付金と申込金・頭金の違い

新築住宅の購入時には、「申込金」や「頭金」という言葉も出てくるので、違いを確認しておきましょう。

(申込金とは)

申込金は不動産会社によって呼び方が異なり、「申込証拠金」や「買付証拠金」とも言われます。また不動産会社によっては申込金を取らないところもあります。

手付金は売買契約時に支払いますが、申込金は新築住宅の購入を申し込む際に支払います。購入意思を表すために支払うお金です。申し込みをキャンセルすれば、申込金は戻ってきます。ただし一般的に売買契約を結ぶと申込金は手付金の一部となるので、契約後にキャンセルをしても申込金だけが返ってくることはありません。

(頭金とは)

「手付金」と「頭金」は自己資金から現金で用意するお金なので、特に分かりづらいですよね。頭金は「購入代金(住宅価格)」から「住宅ローン借入額」を引いた金額のことです。

頭金:住宅価格の一部
手付金:取引の証拠金であり、キャンセル料の代わりになるもの

例えば3,000万円の住宅を2,500万円の住宅ローン借入で購入した場合、頭金は500万円です。頭金500万円を契約から引き渡しまでの間に支払います。

新築住宅の手付金の相場は?

新築住宅を購入する際の手付金の相場や準備ができないときの対処法をお伝えします。

物件価格の5~10%が相場

法律で明確なルールはありませんが、新築住宅の手付金の相場は5~10%です。少額だと買主にとってはキャンセルがしやすく、売主にとって不利となります。逆に金額が大きすぎると、買主にかなりの負担となってしまいます。そのため手付金は買主と売主にとって極端なリスクや負担にならないように、5~10%を相場としているのです。

手付金を準備できないときは?

もし手付金が準備できない場合は、売主に相談しましょう。売主の合意があれば、少額の手付金で契約を進められるかもしれません。

一般的に少額の手付金は、売買契約のキャンセルリスクが高まります。また売買契約を結んだあとはその物件の案内をストップしたり、新たな買主を探したり売主にとっては不利になります。

交渉の際は少額しか用意はできないけれど、購入する意思が固いことをきちんとアピールされると良いでしょう。

手付金を支払うときの注意点

手付金を支払うときに注意すべき点は3つ

  • 売買契約と同時に支払う

手付金は売買契約と同時に支払います。一般的に契約日に現金での支払いとなりますが、契約日の前に振り込みで支払うこともあります。支払方法については売主と相談しましょう。

  • 金額が妥当であるかチェック

売主から提示された金額が、相場の5~10%に合っているかチェックしましょう。
たとえば新築住宅の売買価格が3,000万円の場合、目安は150~300万円です。ちなみに不動産会社との契約の手付金は、法律で売買価格の20%までと決まっています。

  • ローン特約を確認する

売買契約を解除しても、手付金が返ってくることもあります。

・売主の一方的なキャンセルによる手付放棄
・売主の契約違反で解除
・ローン特約が適用されるとき

住宅ローンを組んだ新築住宅の購入は、銀行の審査が必要となります。もし住宅ローンの本審査に落ちると白紙解約となり、手付金は返ってきます。本審査で否決され、かつ買主側に過失がなければローン特約が適用され、手付金は返ってくるのです。

なお買主側が本審査の間に、転職やほかの借り入れをして否決された場合は、ローン特約は適用されず手付金没収の契約解除となることが多いです。ローン特約は確認しましょう。

まとめ

手付金の相場は5~10%で、売買契約時に現金で支払います。手付金は証拠金であり解約金にもなります。
また手付金の支払いが難しい場合は売主に相談してみましょう。

\こちらのコンテンツもおすすめ

建築実例
会員登録
会員の方はこちら